minimal-japanese-mom’s blog

元アメリカ駐在妻の40代主婦が、充実したおうち時間/1人時間を過ごすコツを伝えます!

超絶おすすめのアーチーズ国立公園

今回は、個人的に超絶おススメの「アーチーズ国立公園」を紹介します。

 

 

子連れでアーチーズ国立公園

超絶おすすめのアーチーズ国立公園

公園入口を入るといきなりアーチを発見して大興奮してしまいました。
これは名もなきアーチの1つだと思います。

 

アーチーズ国立公園は、アメリカのユタ州にある国立公園です。

 

自然が作り出す2000以上の砂岩のアーチが保護されている巨大な国立公園です😊

 

アーチーズ国立公園 - Wikipedia

 

Arches National Park (U.S. National Park Service)

 

わが家は、実は、2回アーチ―ズへ行っています。

 

1回目は、2014年のキャンピングカーでまわるグランドサークル旅のときで、1号5歳、2号2歳でした。

 

2回目は、1回目の感動が忘れられず、わが家としては唯一、同じ国立公園を二度訪れたのですが、たしか2017年。1号9歳、2号6歳、3号2歳だったと思います。

 

アーチーズ国立公園はとても広く、車窓から眺める景色もすばらしいものがあります。

また、車いすやベビーカーを押していけるトレイル道なども整備されているところもあるので、子連れでも、楽しめました😊

 

一部、長距離をひたすら歩き続けるトレイルや、

つるつるの岩の上をひたすら歩いてみにいくデリケートロックなどは、

 

危険な箇所もあると聞いているので、

小さな子連れでは難しそうです。

 

1回目は、RV(キャンピングカー)を利用していたので、トイレもおむつ替えも食事も、まったく困りませんでしたが、昼を過ぎると、駐車場がとても混んでくるので、要注意です。

 

朝早くいかれることをおすすめします。

 

また、トイレはビジターセンター以外は、小さなトイレしかないと思いますので、事前に場所は✅したほうがいいと思います。(オムツ替えは、車の中で行った記憶があります)

 

参考にしてください。

 

アーチーズ国立公園の思い出

わが家は、国立公園の年間パスを持っていたので、入場門で年間パスを見せればオッケーでした。とてもお得で便利な年間パスなので、購入をお勧めします😊

 

アメリカ滞在中、アメリカ国立公園の年間パスが大活躍したので、紹介します。 - minimal-japanese-mom’s blog

 

以下、写真つきで、アーチーズ国立公園の思い出を振り返りたいと思います。1度目にRVで訪れた時の様子です。

 

壁みたいな岩もありました。赤茶色の広大な景色に、魅了されました。

公園内の道も広々です。公園広いです。

遠くに「Balanced Rock(バランスロック)」がみえてきました。

バランスロックまでの道は、整備されていたので、車いすやベビーカーでもOKです。

近くでみるとゴツゴツです。すごいバランスですw バス3台分らしいです。

午前中でしたが、デビルスガーデンの駐車場はすでに大混雑でした。

デビルスガーデンの駐車場の裏からトレイルが始まります。素敵な景色です。

トレイル途中にある岩。私と子どもたちは、トレイルはここまで。
砂遊びしながら、この岩の付近でトレイル奥へと進んだ夫を待ちました。

岩の奥には、こんなに素敵なトレイルが続いていたようです。

岩ゴツゴツです。天気もよくて、サイコーです🎵

夫だけ到達。ランドスケープアーチです。デビルスガーデンの中間点です。その奥さらにすすめば、ハイレベルのデビルスガーデントレイルが続き、ダブルアーチに着くようです。

 

赤ちゃんを抱っこして、ハードなトレイルを颯爽と歩いていたアメリカンパパ。さすがです。

デリケートアーチが遠めに見えるトレイル「Delicate Arch Viewpoint Trails」を歩きました。

デリケートアーチの周りの人も多いです。このトレイルは、岩ツルツル&崖などもあり、危ないようなので、あきらめてもらいました。

どこのトレイルか忘れましたが、雰囲気サイコーです😊

パークアベニューかな。夕日の中、そびえたつ巨大な岩たち、ステキでした。

 

アーチーズ国立公園のまとめ

 

以上、超絶おすすめのアーチーズ国立公園を紹介させていただきました。

 

近隣の町、Moabからも近いので、アクセスもとてもよいです。

 

大人気の国立公園なので、朝早くから行動されることをおすすめします。

 

丸1日滞在しましたが、もう少し滞在したかったです。

 

また、夏はとても暑いです。

 

トレイルに行くときは、水や補食を必ずもっていきましょう。

 

【旅の全貌です】

 

theminimaljapanesemom.hatenablog.com