minimal-japanese-mom’s blog

元アメリカ駐在妻の40代主婦が、充実したおうち時間/1人時間を過ごすコツを伝えます!

もう日本なんてイヤ。アメリカに戻りたい!と思う瞬間。

こんにちは!

 

今回は、「もう日本なんてイヤ。アメリカに戻りたい!と思う瞬間」を選んでみました~😊

 

日本って、治安もよいし、物価も安いし(これは良し悪しですが)、ごはんも美味しいし、お風呂もあるし、暮らしやすいなあ、とは思うのですが、それでも、ストレスフルな社会だなあ、と改めて思うことが続いたので、自分を励ますためにも、考えてみましたw

 

 

「日本人は何を考えているかわからない」と思うとき

 

多くの日本人って、自分の意見を言わないことを、「美徳」としているように思うのですが。それか、変に、批判されたくない、とか、ややこしいことに巻き込まれたくない、というのもあるかもしれませんが。

 

小学校、いやいや、幼稚園から、「みんなで話し合って」「全体の意見を尊重して」「少人数の意見にもみみを傾けて」なんて、ずっと、そういう感じで、育ってきたせいなのか、

なかなか自分の意見というものを、伝えられなく(わからなく)なっているのだろうなあ、とは思います。

 

いったい、何を考えているの!????

 

あなたの意見は、何???

 

で、あなたは、賛成なの?反対なの?

 

で、あなたは、どうしたいの???

 

と、ストレスが蓄積することも多いですw

 

「日本人は心がせまい」と感じるとき

 

優しい方も親切な方も、沢山いるのは、認めます。

大震災など、本当に困ったときには、助けてくれそうなのも、日本人の方が多いカモしれないです。

そもそも、わたしも、友人知人ご近所さんなど、とてもよい方に恵まれているなあ、とも思います。

 

とはいえ。

 

日本の方って、自分の身近な方には、

いろんな方法で、好意や感謝を示しますが

 

それ以外のあんまり関係のない方(他人)に対しては、

無表情だったり、無慈悲だったり、します。

 

アメリカの方は、

心の底で何を考えているかまでは、わかりませんが、

もっともっと、大人な印象です。

 

その場でしか会わないのだったら、

その場をお互いに気持ちよく過ごせるように、

譲り合ったり、笑顔をかわしたり。

そういうことも、多かったよなーーーー

 

なんて、ほんとーに、懐かしく思ってしまいます。

 

「日本人は細かいことを気にしすぎる」と感じるとき

 

日本人は、ほんとーに、細かいことを気にします。

 

どっちでもいいんじゃない?

わざわざ言うこと?

大人が何人も集まって時間かけて意見を合わせること?

 

ということでも、

 

真面目に議論したり、

小さなグループや個人間で話し合って、結論を出してから、

全体のグループに伝えたり。

 

とっても、時間かかりますよね。

 

日本人が、細かいことを気にしすぎる理由は、

 

第三者の評価をきにしすぎるから、

 

という話も聞きました。

 

わたしは、本帰国後、意識的に、「自分は〇〇と思っている。」ということは、以前よりは、具体的に伝えるようにしているのですが、

 

具体的じゃなくって、

 

あ、うんの呼吸や、

 

あいまいなコミュニケーションで、結論が導きだされるコミュニティも多くて、

 

とまどいます。

 

 

日本語、むずかしい

 

っていうか

 

日本人、むずかしい

 

と言われるのも、納得です。

 

アメリカだと、

 

みな文化的背景/宗教的背景、常識なども、さまざまなので、

 

メール文も、話し言葉も、誤解のないように、とても具体的で明瞭でした。

 

「文字/文章」の奥や裏にひそんでいるようなものは、基本、くみ取る必要はなかったので、

 

わたしは、アメリカ式の方が、楽でしたし、好きです。

 

まとめ

 

以上、「もう日本なんてイヤ。アメリカに戻りたい!と思う瞬間」を紹介させていただきました。

 

上の事項以外でも、

 

意味のないことでも、なかなか、やめれない(運動会や卒業式の練習とか)。

 

いいこととわかってても、なかなか、始められない(少人数学級とか)。

 

世界的にみても、日本人の生産性がとても低いことを認識していない(いまだに日本がアジアのリーダーみたいに記載されていることもありますが、過去の話だと思います)。

 

などなど、まだまだ、不思議でストレスフルなことも多いのですが💦

 

折り合いをつけながら、がんばりたいと思います。

 

とはいえ、けっこう、ストレスがたまってきたので、

 

アメリカの友人知人たちの、あの、ざっくばらんで、お互いを尊重して、踏み込まない、でも、話の理解が早くて、物事がサクサク進む感じ

 

を懐かしく思ってしまいます。

 

「日本人 めんどくさい」とGoogle検索をかけたとき、ひろゆきさんの意見を紹介している以下のような記事にであいました。

 

ひろゆきが語る「日本人のゆがんだ価値観」ワースト2 | 1%の努力 | ダイヤモンド・オンライン

 

一部、抜粋します(なるほど!そうだよね!と思ったところに、アンダーラインひいています💡)

 

ネットに悪口が書き込まれるのは有名人だけに限られそうですが、一般の人でも、第三者の悪口を聞かされることがあります。おせっかいな人が、「あの人があなたのことをこう言っていたよ……」と丁寧に教えてくれるような場面です。

 

 でも、安心してください。そういう人づたえに回ってくる悪口は、まったく気にしなくていいのです。そのおせっかいな人が、婉曲してあなたのことを悪く言いたいだけなのです。

 

「私は全然怒ってないんだけど、こうしたほうがいいよ?」というようなアドバイスをしてくる人っているじゃないですか。これも、まったく気にしなくていいんです。だって、その人は怒っていないと言っていますから。

 

 友達や会社の同僚が、あなたのことを直接的に批判してくるときもあるでしょう。それに対しては、自分の意見を伝えたり、誤解をといたりする必要があります。でも、回り回ってくるような「第三者の意見」は本当にどうでもいいものなのです。

 

もし、現在の小さなコミュニティで、日本人特有の性質から、ストレスを抱えている方がいましたが、参考にしてください(#^^#)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村