minimal-japanese-mom’s blog

元アメリカ駐在妻の40代主婦が、充実したおうち時間/1人時間を過ごすコツを伝えます!

アメリカ生活に役立った無印良品グッズの話

こんにちは!

 

今回は、アメリカ駐在準備として、アメリカへ持って行った無印良品グッズを紹介したいと思います。

 

 

アメリカへ持って行った無印良品グッズ

f:id:theminimaljapanesemom:20220224112328j:plain

 

無印良品の商品は、高品質で、デザインもシンプルで大好きでしたので、沢山持っていました。アメリカでも、日本びいきの方は、MUJI商品が大好きでした。

 

アメリカ駐在が決まってから、買い足したものは、ほんの少し(トラベル用ポーチ類)ですが、わが家で使っていたMUJI商品を紹介したいと思います😊

 

参考にしてください。

 

無印良品のトラベル用洗面ポーチ

無印良品の【吊るして使えるトラベル洗面用具ポーチ】を持っていきました。これは、旅行中にも大活躍したので、おすすめです。

 

日本アメリカ間の移動、駐在中の移動で毎回使い、本帰国後も、まだ状態よいです。洗濯ネットに入れて洗えるので、まだまだ使えそうです。

 

アマゾンで無印良品のトラベル用洗面ポーチを見る

 

 

無印良品の衣類用トラベルポーチ

旅行中/移動中に、スーツケースに詰める衣類を種類別に分けて入れるのに、役立ちました。

 

私は、無印良品のものを購入しましたが、最近3年くらいは、【圧縮できるトラベルポーチ】に興味深々です。次に購入する機会があったら、「圧縮版」を購入したいです。

 

ちなみに、わが家は、【ヒト別】で、衣類をパッキングしています。基本、1人1つの衣類用トラベルポーチを使っていますが、その他、水着類や防寒着などは、分けてパッキングしたりしています。

 

アマゾンで衣類用の圧縮トラベルポーチを見る

 

無印良品のパスポートケース

海外引越の時は、普段のお財布と別に、パスポートケースに、各種日本のキャッシュカードや通帳などの貴重品などを入れて、持っていきました。

 

パスポートは、わが家の場合は、子どもの分もあり、かさばるので、別のポーチに入れています。

 

アメリカ滞在中も、このパスポートケースに、アメリカで普段使わないような、日本のキャッシュカード、運転免許証、健康保険証、日本の現金などを入れて、管理/保管していました。

 

本帰国後も、普段使わないような各種カードなどを入れて、保管しています。

 

多めに買ってしまったので、余分なものは、子どもたちへ渡し、おこずかい(現金)を管理してもらっています。

 

アマゾンで無印のパスポートケースを見る

 

 

無印良品のビーズクッション

一番大きなビーズクッションを2つ持っていました。

船便に余裕があったので、アメリカに送りました。

 

アメリカでは、大きなカウチソファ(たぶん大人10人くらいは余裕で座れるw)を使っていたのですが、ビーズクッションは座り心地がよかったようで、リビングとは別部屋においていましたが、子どもたちがよく座っていました。

 

10年以上も前に購入したものなので、ビーズがへたっていましたが、それでも、まだまだ快適で、カバーも洗えたので、満足度は大きかったです。

 

とはいえ、かなり年季が入っていたのと、日本では捨てるにも、粗大ごみとなり、お金がかかってしまうので、アメリカで手放しました。

 

近隣に住む日本人サイトの【譲ります売ります】に出品したら、速攻で売れました。たしか、2つで5ドルとか、そういうレベルで売れたと思います😊

 

 

無印良品の各種収納ケース

結婚後に初めて住んだ家には、「押し入れ」があったので、洋服を収納するために、「各種ポリプロピレン収納ケース」を持っていました。

 

また、加えて、細かい書類を分類して保管する「各種ポリプロピレン収納ケース」も持っていました。

 

そして、服やおもちゃなどをざっくり管理するための「カゴ」も沢山持っていましたw

 

そして、季節外の小物を収納するために「ソフト布製ケース」もけっこう持っていました💦

 

シンプルには暮らしていましたが、けっこう、モノが多かった時代を彷彿させる、収納ケースの多さです💦

 

アメリカでは、押し入れがなかったので、日本の押し入れサイズに合わせて作られたケースは、微妙に使いにくく、最終的には、ガレージや地下において、コストコなどで大量買いした食料ストックを保管したり、子どもたちのボールやスポーツグッズを保管したりしていました。

 

押し入れサイズの収納ケース(おそらく12個くらいあったと思う)は、本帰国前に、キレイに拭いて、近隣の日本人サイトの【譲ります売ります】に出品しました。無料だったので、速攻でもらってもらえました。

 

もらっていただけた方も、ガレージで使うとか、言われていました😊

 

12個手放した状態で、日本へ帰国しましたが、まったく困っていません。手放して、よかった~。

 

細かいケース類は、奥行きも浅いので、文具を入れたり、子どものクラフトグッズを入れたり、洗面所シンク下で使ったり、場所を換え、用途を換え、引き続き、役立っています。

 

無印良品の下着

 

無印良品のサニタリーショーツは、もう20年くらい愛用しています。

また、子ども用のコットンショーツは、履き心地がよいようです💡

 

無印良品の文具

無印良品のデザインや品質は、日本好きなアメリカ人にも大人気。なので、日本びいきな知り合いがいたら、ボールペンなどをお土産に渡すと、とっても喜びます😊

 

アメリカは、日本ほどアナログではないので、いろんな書類にボールペンで記入したりすることも少ないので、そこまで文具は必要ないと、個人的には思っています。

 

日本は紙の消費が半端ないですね💦

学校もPTA関係も、グーグルフォームや、ウェブサイトのログインなどで、ペーパーレス化を考えた方がよさそうですね💦

 

まとめ

f:id:theminimaljapanesemom:20220224112255j:plain

 

以上、アメリカへ持って行った無印良品グッズを紹介させていただきました。

 

アメリカでは、【The Container Store】の商品とか、可愛くて、実用的な収納が、これでもか、というくらい、売られていますので、持っていかなくても、大丈夫ですが、

 

わが家は、無印良品のケースなどを持って行ったおかげで、収納を買い足すのも最低限だったし、本帰国後も、まだ使い続けれているものもあります。

 

無印良品の商品は、とっても、使いやすいし、10年以上使っても、劣化しないので、やっぱりすばらしいなあ、なんて、思います。

 

そして、先日かなり久しぶりに無印商品を購入しましたが、商品タグなど細かい部分も、すべて紙製品を使っており、環境に配慮という企業努力もすばらしいと思い、ますます好きになりました😊💗

 

そんな感じです。

 

最後まで、読んでいただき、ありがとうございました!