minimal-japanese-mom’s blog

元アメリカ駐在妻の40代主婦が、充実したおうち時間/1人時間を過ごすコツを伝えます!

ダイニングテーブルのリメイクをしてみました。

こんにちは!

 

先日、ダイニングテーブルのリメイクをしてみたので、紹介します。

 

 

ボロボロのダイニングテーブル

f:id:theminimaljapanesemom:20211003082736p:plain

 

ここ数か月、ボロボロのダイニングテーブルに悩んでいました💦

 

以下のことを検討しましたが、なんだかしっくりこず。

 

 

新しいものに買い替えようかな(5-10万円はかかりそう、選ぶのが手間、ゴミが出る、粗大ごみの手間&費用もかかる。。。)

 

天板だけ交換しようかな(天板用の一枚板は、結構高い!DIYは苦手なので、家具屋さんに頼むと高くつきそう。。。)

 

リメイクシートを貼ってみようかな(最近はやりのリメイクシート。調べてみたら、素材が塩化ビニル製なものが多いので、悩んだ末、使うのはやめました)

 

 

無垢材のテーブルのメンテナンス方法

f:id:theminimaljapanesemom:20211003082759p:plain

 

そんな中、やまぐちせいこさんの「少ない物ですっきり暮らす」の本の中に、無垢材テーブルのメンテナンス方法が紹介されていました。

 

 

オイル塗装の、無垢材テーブルなら、

 

100番の紙やすりで気になるところを削り、

 

そのあと、「オスモカラー エキストラクリア」を布で塗りこんでいけば、

 

一生使い続けることができます

 

 

 

と書かれていました。

 

 

これならできそう💛

 

 

 

 

 

南堀江の家具屋通りで約16年前に購入した無垢材のダイニングテーブル

f:id:theminimaljapanesemom:20211003082713p:plain

 

わが家のダイニングテーブルは、約16年もの。

 

結婚する直前に、

 

当時住んでいた大阪の南堀江の家具屋通りの一角にあった、東南アジア風のナチュラルテイストな感じの家具屋さんで購入しました😊

 

 

大阪の南堀江は、江戸時代から、家具屋問屋が軒をつらねていたそうで、

 

現在でも、

 

さまざまな家具屋さんがひしめきあっていて、

 

おしゃれな空間です。

 

 

近くのアメリカ村などとはまた雰囲気が違って、大人向けのおしゃれなお店が多くて、面白い区画だと思います💡

 

 

リメイク前のダイニングテーブル

f:id:theminimaljapanesemom:20211003082618p:plain

 

さて、ダイニングテーブル。

 

無垢材でちょっと値段は高かったのですが(確かテーブルとイス4脚で15万円ちょっと)、

 

ダイニングテーブルは、気に入ったものが欲しかったので、思い切って購入したのを覚えています😊

 

 

アメリカで生活している間は、温度湿度完備のトランクルーム収納庫に保管していましたが、

 

それ以外は、もう何年も(10年近く?)ずっと愛用しています😊

 

そして、

 

何年にもわたって、子どもたちが、ごはんを食べたり、お絵かきをし続けると、こんな感じになりますw

 

↓↓↓↓

 

 

f:id:theminimaljapanesemom:20211005142454j:plain

※左下は、湿度の関係か何かで、一部木材が剥がれたまま。

 

f:id:theminimaljapanesemom:20211005142509j:plain

※3号が油性ペン(Sharpie)でお絵かきするのが好きなので、かなり色移りしています。。。。

 

f:id:theminimaljapanesemom:20211005142523j:plain

※人を呼ぶときに、このテーブルだとさすがに恥ずかしいです💦

 

f:id:theminimaljapanesemom:20211005142537j:plain

※テーブルの造り自体は、しっかりしていていますが、天板がボロボロ💦

 

テーブルリメイクに使ったもの

近所のコーナンで見つけた、アンティークワックス(クリア)と紙やすり100番を利用しました。

 

やまぐちせいこさんおすすめのオスモカラーは、楽天市場でも0.75Lで5000円ほど。

 

 


 

 

 

完全に塗料ですね💦

 

DIYなどは苦手なので、使いこなせる自信がなく、代わりに、

 

 

環境にも、人体にも無害と書いてあった、アンティークワックスを購入しました。

 

 

クリアなので、失敗しても、大丈夫かな?

 

 

少量パックで2000円くらいだったので、手が出しやすかったです。

 

 

参考にしてください。

 

 


 

 

 

紙やすりは、コーナンで48円でした💛

 

普段行かない、DIYコーナーには、いろいろなものが売られていて、楽しかったです😊

 

 

テーブルリメイクの手順

f:id:theminimaljapanesemom:20211003082654p:plain

 

①まず、紙やすりをちょうどよい大きさに切り、表面を磨きます。

軍手が必須です!!!削る部分が多くて、30分ほどかかりました。

 

f:id:theminimaljapanesemom:20211006055605j:plain

こんな感じです

f:id:theminimaljapanesemom:20211006055630j:plain

根気よく、紙やすりをかけました。



 

 

f:id:theminimaljapanesemom:20211006055645j:plain

懐かしの落書き(MOM)の名残も消えました、ちょっと寂しいw

 

②紙やすりを描けた後は、表面の細かい粉をきれいな乾いた布でふき取ります。

 

③その後、アンティークワックスを塗りこんでいきます。

 

④1回塗りこんで、15分置き、さらにもう1回塗って、30分乾かしました。(自己流)

 

⑤その後、かわいた布で、磨きました。

 

 

リメイク後のダイニングテーブル

こんな感じになりました!!!

 

f:id:theminimaljapanesemom:20211006060050j:plain

剥がれはアロンアルファでくっつけました。

f:id:theminimaljapanesemom:20211006060201j:plain

きれいになりました🎵

f:id:theminimaljapanesemom:20211006060221j:plain

これならお友達が来ても恥ずかしくないかな~。

まとめ

f:id:theminimaljapanesemom:20211003082819p:plain

 

おすすめされていたオスモカラーという塗料の量が多くて、高かったので、

 

使いこなせる自信がなく、

 

結局、コーナンで見つけたお手頃価格のアンティークワックスを使いました。

 

 

そのせいなのかわからないのですが、

 

 

ちょっとまだテーブル表面がべたつく感じはあります。。。。

 

 

 

磨き方が足りないのかもしれないので、

 

いろいろな布やスポンジなどで、磨いてみて、様子をみようと思います💡

 

 

 

でも、見た目は、パーフェクト!!!

 

ちょっと傷などはありますが、許容範囲。

 

 

生き返りました💛

 

 

5-10万円は節約できたのでは?

 

 

 

ウレシイです🎵

 

 

子どもたちには、

 

You are so cheap!!!! (ママってほんとケチだよね)

 

と言われましたが、

 

(※cheapには、ケチという意味もあります)

 

 

 

ケチじゃないんです。

 

 

エコなんです😊

 

 

 

以上、テーブルリメイクについて、紹介させていただきました。

 

 

最後まで、読んでいただき、ありがとうございました!!!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村