minimal-japanese-mom’s blog

元アメリカ駐在妻の40代主婦が、充実したおうち時間/1人時間を過ごすコツを伝えます!

HPVワクチン接種

おはようございます!

 

日本でもようやく2022年からHPVワクチンが積極的推奨に戻るようですね。

 

ワクチンについては、個人的な考え方などもあると思うのですが、アメリカでの思い出を参考程度に紹介したいと思います。

 

 

11歳になったら、男子もHPVワクチン

f:id:theminimaljapanesemom:20210828093324j:plain

 

 

アメリカでは、11歳になったら、男子も女子もHPVワクチンを受けます。

 

わが家の1号も受けました。

 

 

それまで、

 

 

HPVワクチン=子宮頸がんワクチン

 

 

と思っていたので、

 

 

HPVワクチン=女子のワクチン

 

だから、

 

 

女子が受けるワクチンだよね。

 

と思っていました💦

 

 

 

 

なので、

 

小児科の先生が、

 

年1回の健康診断で、

 

今日はHPVワクチン受けるよー

 

と言ってきたときは、

 

心底驚いたのを思い出します。

 

 

小児科の先生に一通り疑問を質問すると、

 

丁寧に回答してくれました。

 

 

当日接種は見合わせましたが、1週間後に接種しました。

 

 

アメリカ人の友人たちに聞いても、子どもたちは、

 

 

もちろん11歳になったら受けてるわよ!!

 

 

という感じで、

 

 

一般的なワクチンのようです。

 

 

HPVワクチン

f:id:theminimaljapanesemom:20210828093651j:plain



 

HPVワクチンは、子宮頸がんワクチンではなくて、

 

ヒトパピローマウイルスワクチンの略ですね。

 

 

数年前に、私は、アメリカの小児科で以下のことを言われました。

 

 

 

ヒトパピローマウイルスは、

 

子宮頸がんの原因になっているけれど、

 

男性では、頭頚部癌の原因にもなっているから、

 

男子も受けるべき。

 

 

そして、なにより、子宮頸がんは、性感染するんだよ。

 

 

そんな病気なのに

 

女子しか受けないって、

 

フェアじゃないよね?

 

 

男子もちゃんとワクチン打って

 

予防するべきものだよ

 

 

 

 

アメリカ人の男性の小児科医師の先生は、

 

そのように、教えてくれました。

 

 

参考にしてください。

 

9価のワクチン

f:id:theminimaljapanesemom:20210819102018j:plain

 

今日本でいろいろと問題にされているHPVワクチンですが、日本でいうHPVワクチンは、4価ワクチンだそうです。

 

 

アメリカで一般的に受けるのは、9価ワクチンです。

 

 

そういう意味でも、日本はとても遅れていると思います。

 

 

私がお世話になっていたファミリードクターには、

 

同世代のお子様がおられました。

 

HPVワクチン接種の必要性を我が子に説明するときに、ついでに、きちんとかなり具体的に性教育もしたw

 

そういう意味でも、とってもいい時期にあるワクチンよw

 

とおっしゃっていました。

 

 

とても参考になりました。

 

 

 

親ができることは、

 

きちんとした情報を伝えること

 

 

それをどのように解釈、利用していくかは、子どもの判断

 

だそうで。

 

 

HPVワクチンについては、

 

アメリカでも遅れているようで、

 

先行しているヨーロッパやオーストラリアでは、子宮頸がんがグッと減っているそうで。

 

 

アメリカで効果がでるのは、まだ先だろう、と言っていました。

 

 

そして、日本では、

 

ワクチンで予防できるガンなのに、

 

接種さえも控えられてる現状。

 

子宮頸がんがあいかわらず多い現状。

 

このままでは、数十年後も、日本では子宮頸がんは、あいかわらず、多くの女性を苦しめるだろう。

 

 

というような会話をしていただきました。

 

まとめ

f:id:theminimaljapanesemom:20210907062209j:plain

 

もっと詳しく紹介できたら、と思ったのですが、

 

私は医療関係者でもないし、自身や我が子が経験したことのみを紹介させていただきました。

 

 

日本独自のワクチンとしては、BCGや日本脳炎がありますが、

 

 

日本では、MMRではなく、MRを受け、おたふくは任意接種だし(アメリカではMMRのみ)

 

 

A型肝炎も、B型肝炎も、、髄膜炎のワクチンも、HPVワクチンも、必須ではありません(アメリカでは必須)。

 

 

いろいろと違うなーと思う、ワクチン事情です。

 

わが家は、9価のワクチンを、下2人にも受けさせたいな、と思います。

 

彼らが接種年齢に達したときに、もっと一般的になってほしいと思います。

 

 

そして、私は、受けなくてよいの。。。。?

 

なんていう謎も。

 

 

20代30代であれば、やっぱり受けた方がいいHPVワクチンのようですが、

 

 

40代もそろそろ半ばの私。

 

 

どうなんだろう。。。。。。。?????

 

 

 

また調べていきたいと思います💦

 

 

 

以上、参考にしてください。

 

 

 

最後まで、読んでいただき、ありがとうございました!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村