minimal-japanese-mom’s blog

元アメリカ駐在妻の40代主婦が、充実したおうち時間/1人時間を過ごすコツを伝えます!

【ミニマリスト】「ongoing clutter cost」

 

今回は、アメリカ人ミニマリストのジョシュア・ベッカーさんの「The Minimalist Home」から、「ongoing clutter cost」を紹介します。

 

 

amazonオーディブルで、The Minimalist Homeを見る

amazonオーディブルの30日無料体験について

 

「ongoing clutter cost」とは

f:id:theminimaljapanesemom:20220224112203j:plain

 

まず、ざっくりと、英単語の確認から😊

 

ongoing 進行中の

clutter ガラクタ

cost 費用

 

です。

 

ということで、

 

「ongoing clutter cost」とは、「発生しつづけるガラクタ/不用品のための費用」という意味です。

 

 

具体的な「ongoing clutter cost」とは

f:id:theminimaljapanesemom:20220224111731j:plain

 

具体的には、「ongoing clutter cost」は、

 

money, time, energy, space

 

の4つ、と言われていました。

 

もう少し詳しく言うと、

 

モノを所有している場合には、

 

モノを所有するために必要な「お金」

モノを購入するためにかかる「時間」

モノを購入するために必要な「お金」を稼ぐために働く「時間」

 

購入したモノを保管/配置する「空間/スペース」

「空間/スペース」のための「家賃」にかかる「お金」

その「お金」を稼ぐために働く「時間」

 

購入したモノのホコリなどを払うなど、掃除や移動の「手間」と「時間」

購入したモノの状態を保つための「メインテナンス/修理」するための「時間」と「手間」と「お金」

 

購入したものを廃棄/譲渡するための「手間」と「時間」と「お金」

 

などが、必要になってきます。

 

とっても気に入って購入したものを、大切にメンテナンスしながら、使うのは、とても理想的だと思いますが、

 

必要以上にモノを持ちすぎている場合は、多大な、

 

money, time, energy, space

 

(お金、時間、エネルギー/手間、スペース/空間)

 

が必要になってくるので、大変だと思います。

 

そして、それらは、一旦モノを購入してしまうと、モノを廃棄しない限り、何かしらの「cost(費用/代償)」が、かかり続けるものなので、注意が必要です💡

 

「ongoing clutter cost」のまとめ

f:id:theminimaljapanesemom:20220224112230j:plain

 

以上、アメリカ人ミニマリスト、ジョシュア・ベッカーさんの「The Minimalist Home」から、「ongoing clutter cost」を紹介させていただきました。

 

私も、まだまだ、ふんぎりがつかず、持っているものもありますが、

 

服や本は、だいぶ必要最低限に近づいてきたので、身軽に、暮らしやすいです。

 

服の枚数は数えたことはないのですが💦

 

ウォークインクローゼットの手前半分と、引き出し1つ分と、ボックス1つ分の量を持っています。

 

服関係はすべて一か所にまとめてあるので、使いやすいです。

 

下着類やヒートテックや靴下は、引き出しに収納していますが、

 

それ以外のシーズン中の服は、すべて「かける収納」にしています。

 

きちんと畳む必要もないので、ずぼらな私には、ちょうどよい方法のようで、ストレスフリーです。

 

そんな感じです。

 

参考にしてください。

 

最後まで、読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

amazonオーディブルで、The Minimalist Homeを見る

amazonオーディブルの30日無料体験について

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村