🍀最新情報&日々のなにげない暮らしを発信してます🍀
 友だち追加 

アメリカで子どもが発熱した時に役立ったアメリカ製品

[PR] 当サイトはアフィリエイト広告による収益を得ています。

こんにちは!

 

今回は、アメリカ駐在の予備知識として、わたしが知っている「子どもが発熱した時に役立ったアメリカ製品」を一部紹介したいと思います。

 

薬については、実際に使用される場合は、薬効成分、用量、禁忌などをきちんと読んで確認することはもちろん、かかりつけ医(ファミリードクター)や薬局で質問してください。

 

アメリカ/ハワイなどの旅行先でも役立つかな、と思いますので、参考にしてください😊

 

 

アメリカの解熱鎮痛薬「TYLENOL」

f:id:theminimaljapanesemom:20220324095112j:plain

 

アメリカの解熱鎮痛薬としては、「TYLENOL」(タイレノール)が一般的です。

 

発熱で、アメリカの小児科を受診しても、発熱や、風邪症状や胃腸症状だけの場合は、

 

「タイレノールを飲んで、様子をみてね」

 

と言われることも多いです。

 

活性成分は、アセトアミノフェンです。幼児から使えます。

薬局などの薬売り場コーナーに、いろいろな種類が売られています。

 

乳児/幼児用には、infant用を、子ども用には、children用を、購入します。

用量などは、かかりつけ医に確認してもよいと思います。

 

https://www.tylenol.com/products

 

私は、アセトアミノフェン100%のものを、在庫でいつも保管していました。

 

コロナ禍直後は、タイレノールがすっからかんに売り切れていましたが、最近は、落ち着いているかなあ。

 

アメリカの解熱鎮痛薬「MOTRIN」

f:id:theminimaljapanesemom:20220324095054j:plain

 

Tylenolとは、別成分ですが、有名なものに、「MOTRIN」があります。

 

活性成分は、イブプロフェンです。

 

Pain & Fever Relief Medicine Products | MOTRIN®

 

Motrinも一般的な解熱鎮痛薬ですが、わが家は、アレルギー体質の子がいて、アレルジスト(アレルギー専門医)に、「解熱鎮痛剤は、イブプロフェンじゃなくて、アセトアミノフェンを使ってね」と言われていたので、使ったことはありません。(理由は詳しくは覚えていないのですが💦)

 

アメリカ製の体温計

f:id:theminimaljapanesemom:20220324095036j:plain

 

アメリカ製の体温計は必須です💡

 

日本では、気温も体温も単位は、セルシウスですが、アメリカでは、ファーレンハイト単位です。

 

アメリカ製をもっておけば、毎回単位を換算しなく良いので楽です。

 

短期間のアメリカ滞在で、買うのがもったいない場合は、手間ですが、毎回、単位換算をしましょう。単位換算は、いろんなウェブサイトを利用してできます。

 

Celsius to Fahrenheit conversion (°C to °F)

 

脱水予防のPedialyte/Gatorade

f:id:theminimaljapanesemom:20220324095009j:plain

 

Pedyalyte/Gateradeも、脱水(dehydration)を防ぐための、電解質飲料(electrolyte solution)です。

 

赤ちゃんや幼児用には、子ども用のPedyalyteが売られています。

薬局の赤ちゃんグッズコーナーの一番下あたりに、さまざまな味のものが売られています。

わが家は、無着色の「白色」のものを購入していました。

 

Prevent Dehydration with Pedialyte® Rehydration Drink

 

また、ジュースぽいのもあれば、シャーベットみたいに凍らせて食べるものもあります。シャーベットの方が、子どもたちは、食べやすいようです。小児科でもよくもらいました。

 

水で溶かしてつかう「粉末タイプ」も、便利でした。

 

Pedialyteの液体も、シャーベットも、粉末も、いつも家にストックしていました。

 

ゲータレードは、スポーツ飲料です。

 

日本のポカリスウェットみたいなものです。

 

Hydration | Gatorade Official Site

 

こちらは、薬局やスーパーのジュースコーナーに売られています。

いろんな色のものが売られています。

赤とか青とか黄色とか緑とか、すごい色です💦

 

わが家は、「白色」の無着色のものを購入していました。

 

1号用に、時々、オレンジ色(おそらくオレンジ味)のものも購入していました。着色料がすごくって、私は、苦手でしたが、子どもは好きだったようです。

 

こちらも、発熱時のために、ある程度、まとめ買いして、保管していました。

 

渡米時に、日本からポカリスウェットの粉パケットを持ってきていたので、渡米直後は、そちらを利用していましたが、同様のものは、アメリカでも手に入るので、安心してください😊

 

氷まくら

f:id:theminimaljapanesemom:20220324095151j:plain

 

アメリカでも、手に入りました。

氷水を入れるタイプも、アイスノンタイプもありました。

 

amazon.comには日本製のアイスノンも売っているようです💡(高いですが💦)

 

Amazon.com: Ice Non Cooling Pad Pillow Soft Type - 1 pc by Hakugen : Home & Kitchen

 

熱さまシート

こちらは、一般的でないように思いましたが、アマゾンで各種売られていました😊

値段は、日本で購入した方が、かなり安そうです。

わが家は、日本から持ってきたものを大事に使いました。

なくなってしまっても、氷水にミニタオルを浸して、こまめに冷やしてあげればいいので、困らないかなあ、とも思いますが、参考にしてください。

 

Amazon.com: cool sheet fever

 

まとめ

f:id:theminimaljapanesemom:20220324095131j:plain

 

以上、アメリカ駐在の予備知識として、わたしが知っている「子どもが発熱した時に役立ったアメリカ製品」を一部紹介させていただきました。

 

渡米直後は、すぐにかかりつけの小児科医を探し、一度受診して、その小児科が所属する医療ネットワークシステムに入り込むことをおすすめします。そうすれば、急な発熱や怪我の際にも、受診がスムーズだと思います。

 

参考にしてください。

 

最後まで、読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村