minimal-japanese-mom’s blog

元アメリカ駐在妻の40代主婦が、充実したおうち時間/1人時間を過ごすコツを伝えます!

アメリカで食べすぎた時の対処法

こんにちは!

 

今回は、「食べすぎ」のお話です😊

 

 

肉料理は胃酸の分泌を促進する

f:id:theminimaljapanesemom:20220406130933j:image

アメリカのバーべキュー料理は、かなり美味しいです。

 

ニューヨークストリップ、リブアイ、ポークリブ、コリアンチキンなど、けっこう、大量のお肉をコスコや近隣スーパーで購入しては、夏の間は、けっこう頻繁に、庭に設置したバーベキューグリルで夫に肉を焼いてもらっていました。

 

がっつりと肉を食べると、それらを消化するように胃が働き、胃酸がジャンジャンに出るようですが、、、💦

渡米直後は、調子に乗って、一度に食べすぎ、胃酸過多で、胃が痛くなったりしていました💦

 

日本から胃薬(パンシロン)を持ち込んでいたので、それを飲んで、対応し、「次回からは、一度にたくさん食べないぞ」と心に誓ったりしましたwww

 

アメリカの胃薬は「TUMS」が有名です

f:id:theminimaljapanesemom:20220406130940j:image

 

その後、食べ方を工夫するようになり、あまりたくさんのお肉をまとめ食べしないように気を付けました💦そのおかげで、胃薬のお世話になることは少なくなったのですが。

 

もし、手持ちとして日本の胃薬がなくて、アメリカ製の胃薬を試すのであれば、「TUMS」が有名のようです。

 

(お腹を表す幼児語「tummy」からきているネーミングのようですね💡)

 

「TUMS」は、胃酸を抑えるための、一般的な胃薬/サプリメントのようで、おすすめのようです。胸やけなどを直してくれるようです。

 

TUMS Antacid Products for Fast Heartburn Relief

 

見た目は、サプリメントぽいお菓子のようですが、日本の太田胃散と同じ成分(炭酸カルシウム)が入っているようなので、使用タイミングや使用量などは気を付けた方がいいと思います。

 

参考にしてください😊

 

まとめ

f:id:theminimaljapanesemom:20220406130948j:image

 

アメリカの料理は、肉料理やバターや生クリームを使った油っこいものも多いので、胃も疲れやすくなると思います。

 

疲れたな―、と思ったら、胃を休ませるのが、一番です💡

 

成長期の子どもは、3食+αで食べる必要があると思いますが、大人は、1日1-2食でも十分のようです。

 

食事回数を減らすことで、胃や腸などの内臓も休ませることができるようです。

 

 

 

 

個人的には、最近は、ポットでお湯を沸かして、ちょっとさました「白湯」などを飲んだりしています。

 

そんな感じです。

 

最後まで、読んでいただき、ありがとうございました!

 

【こんな記事も書いています】

theminimaljapanesemom.hatenablog.com

 

theminimaljapanesemom.hatenablog.com

 

theminimaljapanesemom.hatenablog.com

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村