minimal-japanese-mom’s blog

元アメリカ駐在妻の40代主婦が、充実したおうち時間/1人時間を過ごすコツを伝えます!

アメリカで風邪をひいた時に試したこと

こんにちは!

 

今回は、「アメリカで風邪をひいた時に試したこと」を紹介したいと思います😊

 

 

アメリカで風邪をひいてしまった時

f:id:theminimaljapanesemom:20220401084800j:image

 

ちょっとした風邪症状、熱くらいだと、病院へは行きません。

というのも、ウイルス性だと、何も薬は処方されないので。

 

「水を沢山飲んで、市販薬のんで、寝ておいて」と言われるのがオチです。

熱が出ている場合も、「タイレノールを飲んで数日様子をみてね」と言われます。

 

熱が出ているのに、タイレノールを飲まずに、受診をしたりすると、「なぜ飲まなかったの?」みたいな空気が流れました💦

 

タイレノールを飲んで下がる熱なら、大丈夫。逆に、タイレノールを飲んでも熱が下がらない時は、気にするべき、みたいな感じで、お医者さんに言われたのを覚えています。

 

一般的には、アメリカは日本よりも受診予約もとりにくいし、お金もかかるので、風邪くらいだと受診しないと思います。

 

熱が数日続く場合や、明らかに他の症状がある場合、どうにもしんどい場合は、受診していました(そういう場合は、溶連菌(Strep)とか、インフルエンザ(flu)だったりすることもありましたが💦)。

 

アメリカの風邪薬

f:id:theminimaljapanesemom:20220401084746j:image

 

アメリカにも風邪薬はたくさん売っています。

 

アセトアミノフェンや咳止め成分や抗ヒスタミン薬などを組み合わせた総合感冒薬が一般的なようです。

 

Cold and Flu Symptoms Relief Medicine and Treatment | Vicks

 

 

日本でもそういう薬を飲まれていた方なら、試してみてもよいのかな、と思っていますが、成分や用量が気になる方は、細かくチェックすることをおすすめします😊💡

 

私は、風邪をひいたときは、「葛根湯」派だったので、日本からもってきたものを大事につかっていました。

 

「葛根湯」は、アメリカでは、「Ge Gen Tang」というらしく、チャイナタウンのお店やアマゾンでも売っているようです。知りませんでした~💦アメリカには中国系の方が多いので、漢方が売られているはずなのに、ないと思い込んでいました💦

 

Amazon.com: ge ge tang

 

アメリカで風邪をひいた時に役立ったもの

f:id:theminimaljapanesemom:20220401084829j:image

 

意外にアナログなアメリカの風邪対策です。

 

アメリカって、学校教育とか学習スタイルとかテクノロジー利用とかは、合理的でけっこう先進的なのに、分野によっては、けっこう保守的だなあと思ったりする場面も多かったです💦

 

ちなみに、イソジンガーグルなどのヨウ素系のうがい薬はアメリカでは見つけることはできませんでした。Povidone-Iodineがあっても、消毒用だと思うので、注意してください💦

 

昔は、イソジンうがいをしないと100%風邪をひく、みたいに思い込んでいましたが、もう8年くらいイソジン使っていませんが、そんなに変わりはないようです。気になるときは、代わりに、塩うがいしたりしています。

 

風邪対策として、役立ったものとしては、以下のものがあります。

 

✅加湿器(humidifier)

 

✅のど飴(Hallsのチェリー味やRicolaのレモンはちみつキャンディーなどを利用)

 

✅ハーブティー(Yogiのハーブティーがお気に入りでした。風邪をひいているときは、 sore throat/throa teaやレモンジンジャーや免疫系のハーブティーを愛飲しました)

 

アマゾンでYogiのハーブティーを見る

 

✅鼻うがい用の食塩水キット("sinus wash kit"をかかりつけ医に紹介されました。祖父母の時代の「鼻うがい」方法ですが、けっこう効きます)

 

NeilMedのものが一般的ですが、ファーマシーオリジナル商品も売られています。食塩水を作って、それを鼻から吸い込み、口から出す、という、昔ながらの鼻うがい方法です。

 

日本のドラックストアでも最近は「花粉症対策」として、NEilMedが売られているようで、驚きました!アマゾンでも入手できるようです。

 

アマゾンでNeilMedの鼻うがいキットを見る

 

✅鼻水吸引器

自分で鼻をかむことができない赤ちゃんの場合は、Saline(食塩水)スプレーを吹き付けて、鼻水吸い器を利用していました。鼻水吸い器は、日本の「ママ鼻水とって」を愛用していましたが、アメリカにも同様のものが売られているようです。

 

アメリカでは、日本のように、気軽に耳鼻科に通って、鼻水吸いや耳掃除などできないので、自宅でも電動があると便利かもしれません💡

 

参考にしてください。

 

アメリカで風邪をひいた時に試したセルフケア

f:id:theminimaljapanesemom:20220401084842j:image

 

体質なのか、風邪をひくと「喉」にくることが多かったので、のど症状がきつかったです。

 

のどの痛み=====>ハチミツだ!!!

 

という単純思考により、風邪をひいたら、まず、ハチミツ!!(ハチミツは入手しやすいです🎵)

 

ということで、ハチミツジンジャーミルクティーとか、ハチミツジンジャーレモンホットウォーターなどを自宅で作って、飲みまくっていました。

 

糖分をとると喉もかわくので、水分もたくさんとっていました。

 

そんな感じです。

 

まとめ

f:id:theminimaljapanesemom:20220401084850j:image

 

以上、アメリカで風邪の時に試したことなどを紹介させていただきました。

 

アメリカでは、24時間だけ、嘔吐下痢の症状が続いて、その後、けろっと治ってしまうという、風邪にもかかりました💦(stomach fluとかいうらしいです)

 

最近は、コロナ禍もあり、感染対策もしっかりしているので、普通の風邪もひきにくいのかなああ、とも思いますが、参考にしてください。

 

そんな感じです。

 

最後まで、読んでいただき、ありがとうございました!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村