minimal-japanese-mom’s blog

元アメリカ駐在妻の40代主婦が、充実したおうち時間/1人時間を過ごすコツを伝えます!

おすすめのアメリカ製品【キャンプ用品】。

今回の記事では、おすすめのアメリカ製品として、キャンプ用品を紹介します。

 

 

これらは、アメリカ生活の中で、購入して、非常に嵩張るものですが、日本へ本帰国する際に、日本へ持って帰ることを決めたものたちです。

 

日本で住む家は、アメリカで現在住んでいる家よりも、敷地面積もかなり狭く、収納スペースも非常に少なく、天井も低くなります。

 

大部分のものは、売ったり、人に譲ったり、リサイクルしたり、ゴミとして捨てたのですが、以下の5つのキャンプ用品は、悩んだ末に、日本へ持って帰ることを決めました😊

 

おすすめのアメリカ製品【キャンプ用品】

 

では、さっそく紹介していきたいと思います。

 

具体的には、

 ①1人用寝袋5つ

 ②2人用寝袋1つ

 ③ファミリー用テント(8人用)1つ

 ④組立て式のアウトドア用テーブル1つ

 ⑤日よけ付きアウトドア用チェア2つ

の5つです。

 

①1人用寝袋(single sleeping bag)5つ

まず、1人用寝袋ですが、これは、数年前にRVカー(キャンピングカー)で旅行する際に、購入したものです。

 

アメリカだと、アマゾンでも、30$前後で購入することができます。

 

購入した際に気を付けたことは、32F(0℃)対応の寝袋であること、です。

 

その理由は、国立公園内のキャンプ場は、標高が高いところも多く、春先でも、RVカー内は、明け方にかなり冷え込むからです。

 

暖房をつけて寝てもいいのですが、空気が乾燥してしまうのが苦手なのと、モーターの音もうるさい(車によるとは思うのですが)です。

 

毛布などを別に持って行くと、旅行の荷物がかさばるので、寝袋は、夏用専用の薄い生地のものではなく、低温対応の分厚い生地のものを選びました。重ね着で対応すれば、毛布がなくても寒い思いはしませんでした😊

 

キャンプ用に購入した寝袋ですが、スリープオーバー(
お泊り会)やムービーナイト(夜に一緒に映画を見る会)で、子供達のお友達が泊まりに来た時にも使えましたし(泊まりにくるお友達も自分の寝袋を持参します)、日本でも、同様に活躍しそうです。

 

また、今回の引っ越しでは、手荷物で寝袋を5つ持ち運び、布団類が航空便で届くまで、日本の新居でキャンプ生活をしたいと思います😊

 

②2人用寝袋(double sleeping bag)1つ

これは、知人から新品同様で、譲ってもらったものです。

 

大人2人が入っても余裕で寝れる大きさで、実際にキャンプで使用する機会はなかったのですが、

 

今後、日本でキャンプに行ったり、家での予備布団として、活用してみたいと思っています😊

 

③ファミリー用テント(8人用)1つ

 これも、新品同様のものを、知人から譲ってもらったものです。

 

ファイリーサイズの8人用テントで、とても大きいです。

 

テント内は、テント内の真ん中にあるパーテーションを下ろせば、2部屋に分けることができるので、

子供部屋+大人部屋や、

女子部屋+男子部屋

などというように、分けて使えます。

 

テント側面には、8か所、メッシュ生地が裏打ちされており、ジッパーで開閉できるので、日中は、テント生地をジッパーで本体から一部離して、ロールアップすることで、テント内にいても、気持ちのよい風や景色などを楽しむことができます。

 

アメリカのアマゾンでは、300$くらいで売っているようです。

 

 

日本に慣れたら、日本でもキャンプに行ってみたりしたいです😊

 

また、防災用にもいいのでは?とも思います😊

 

 

④組立て式のアウトドア用テーブル(Folding Campnig Table, Adjustable Height Lightweight)1つ

 

Coleman(コールマン)から発売されており、アマゾンやターゲットなどの量販店で一般的に売られているものです。

 

元々は、アメリカへ渡米直後、まだ家具がなかったので、間に合わせで買ったものです。渡米直後の、ちゃぶ台として、また、その後の、イベント用テーブルとして、大活躍しました。

 

35または70センチの高さに、調節できます。

 

2つの長方形テーブルを、縦列または並列に組み合わせて使用できるので、正方形のテーブルまたは長方形の細長いテーブルの2種類に、用途に合わせて、変更できるので、さらに便利です。

 

コールマンの【c】マークがテーブル全面にデザインされているので、駐在員の間では、【コー〇テーブル】と言われていました😊

 

 

⑤日よけ付きアウトドア用チェア (SunShade Folding Outdoor Chair) 2つ

 

Dick's sporting goodsという、全米展開のスポーツ用品店で、定価70$くらいのものを20%オフで購入しました。

 

それまでは日よけなしの椅子を使用していましたが、色々な機会で見かけてずっと憧れていたので、思い切って購入しました。

椅子の作りもしっかりしているし、夏に野球の試合を観戦する際に、直射日光をある程度防いでくれるので、本当に重宝しました!

 

日よけ付きの椅子は、折り畳んでも、日よけなしの椅子に比べると結構かさばるので、収納に場所をとりますが、

 

満足度の高い、買ってよかったものの1つです😊

 

日本での収納場所はまだ決めていませんが、大事にもって帰り、使おうと思います。

 

 

以上、日本へ持って帰るキャンプ用品を紹介させていただきました。

 

アメリカで購入した方がオトクなもの

 

それ以外だと、スポーツ用品なども、スポーツの種類によっては、アメリカで買った方がお得なものも多いです。

 

我が家は、1号のために、

アイススケートの靴

アイスホッケーのスティック

アイスホッケーの防具の一部、

マウスガード

を、買い直しました。

 

野球用品も、アメリカの方が種類もデザインも豊富で、値段もお手頃なものが多いのですが、スパイク(クリート)に関しては、アメリカのものが日本で使用できるかなど、分からない部分も多いので、買うのは控えました😊

 

 

以上、日本へ本帰国する際に、日本へ持って帰ることを決めたものを紹介させていただきました。

 

最後まで、読んでいただき、ありがとうございました!