minimal-japanese-mom’s blog

元アメリカ駐在妻の40代主婦が、充実したおうち時間/1人時間を過ごすコツを伝えます!

子連れ海外引越(日本へ本帰国)の手順【引っ越し荷物の仕分け③】

今回の記事では、子連れ海外引越(日本へ本帰国)の手順として、引っ越し荷物の仕分け③として、実際に航空便で送ったものを紹介したいと思います。

 

海外引越では、主に、船便を利用しますが、船便は、平均2-3か月かかるそうです。

そこで、すぐに必要なものは、厳選して、航空便(平均2週間で届くそうです)を利用しました。

 

 

引っ越し業者さん曰く、夫の勤務先の規定で、航空便は1人30キロまで送れるということなので、我が家は5人で150キロの航空便が送れるということでした。

 

150キロというのは、Mサイズの引っ越し段ボールで8.5箱を目安にしてくださいということでした。

 

体積としては段ボール8.5箱、重量としては150キロというのが、目安ということなので、実際に、送りたいものを体重計で量り、メモしながら、用意していきました。

 

では、実際に、航空便で送ったものをざっくりと列挙していきたいと思います😊

 

【箱1&2】(Mサイズ段ボール2個分)

・掛け布団5枚

・冬用毛布5枚

・着物3枚と帯

 

(補足)

・日本ではとりあえずは布団生活をすることにしたので、アメリカで長年使用していたベットやマットレスは、引っ越し前に処分しました。

 

・掛け布団や冬用毛布はすぐに使用するため、航空便に入れました。

 

・アメリカの家はセントラルヒーティングで真冬でも暖かいので、薄手の毛布と掛け布団で十分でしたが、日本の家の冬の寒さによっては、新しい毛布等を買い足す予定です💦

 

・着物はアメリカで一度も着ませんでした💦船便で送ると、湿度などでカビが生えてしまっても怖いので、航空便で送りました。

 

【箱3】(Mサイズ段ボール1個分)

・冬用コート、スノーパンツ3、雪用手袋など

・冬用ブーツ1足、スニーカー2足

・冬用の服(手荷物で運べなかったもの)

 

(補足)

・船便で送ると、一番寒い時期に間に合わない可能性があり、日本で新しいコートや雪用ギアを買い足す必要が出てくるために、航空便で冬用のものを一通り送りました。

 

・子供のものは、1シーズンでサイズアウトしてしまう可能性が大きいので、全て航空便で送りましたが、大人のものは容量の関係で、航空便で送るのは諦めました。

 

 

【箱4-6】

(子供&事務系)

・教科書類、書道道具、笛、書類系

・野球グローブ2つ

・パソコン用モニタ

・インクジェットプリンタ

・変圧器

・インク替え2つ

 

(補足)

・子供達が日本の小学校へ編入する際にすぐに必要になる、日本の教科書類全て(補習校で配布された最新のもの)と、書道道具、笛、書類系を航空便で送りました。

 

・1号が日本ですぐにキャッチボールできるように、野球グローブを2つ入れました。(しかし、一緒にボールを入れるのを忘れてしまいました💦)

 

・パソコン用モニタは、夫の仕事用です。手荷物で運ぶと大変なので、航空便に入れましたが、輸送中に一部破損してしまっており、結局すぐに使用することができませんでした💦

 

・プリンタは、本帰国前にアメリカで購入したばかりだったので、日本で買いなおすのがもったいなかったのと、新居入居後すぐに使用したかったので、航空便で送りました。

 

・プリンタはCanon製ですが、アメリカと日本では規格が違うらしく、変圧器も必要でしたので、非常にかさばり、重い荷物となりました。。。

 

・替えインクもアメリカでしか買えないので、2つ一緒に送りました。

 

【箱7-8】

(生活系)

・キッチン用品(調理器具おたま、フライ返し、泡だて器、大匙小匙1ずつ、ボールざる各2,鍋と鍋蓋各1,包丁)

・カトラリー(はし、フォーク大小、スプーン大小各5つずつ)

・ブリタ浄水器とフィルタ

・炊飯器

・バスタオル5枚、タオル5枚程度

・ハンディタイプの掃除機と充電器

 

(補足)

 ・新居入居後にすぐに必要になるキッチン用品とタオルと掃除機を送りました。

 

・調理器具は少な目に入れましたが、あまり困っていません。フライパンは新しく日本のものを買いなおしました。

 

・まな板を航空便に入れ忘れていたので、小さいものを新しく楽天市場で購入しました。

 

・カトラリーも1人1セットずつで十分でした。コップや大皿系がトランクルームからの荷物に入っていたので、船便が届くまでに、新しく食器を買い足す必要はなさそうです。

 

・ブリタの浄水器も役立っています😊ペットボトルの水を買う必要がないので、ゴミの処理も簡単だと思います。

 

・炊飯器は、必需品です!

 

・バスタオルとタオルも1人1セットずつあれば、十分です。足りなければ買い足す予定でしたが、今のところ、必要なさそうです。

 

・ハンディタイプの掃除機は、大活躍しています!新居の床の色のせいかもしれませんが、ゴミやほこりが非常に目立つので、1日に何回も掃除機を使用しています。

 

・使用している掃除機は、Dyson製ですが、アメリカでも日本でも、変圧器を使用する必要がないようで、素晴らしいです😊

 

以上が、航空便で送ったものたちでした。

 

引っ越し業者さん曰く、航空便は、通常2-3週間で届くということでしたが、今回は、10日ほどで届きました😊

ホテルで自己隔離している間に届いたので、新居に入居する当日に、受け取ることができました。

 

船便が届くまではあと1ヶ月くらいかかりそうですが、航空便で必需品を送っていたので、新しく買いなおすものを最低限にすることができています。

 

とはいえ、船便、待ち遠しいです😊

 

最後まで、読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村