minimal-japanese-mom’s blog

元アメリカ駐在妻の40代主婦が、充実したおうち時間/1人時間を過ごすコツを伝えます!

【ミニマリスト】ゆるりまいさんの「なんにもない部屋の暮らしかた」を読みました!

こんにちは!

 

今回は、ゆるりまいさん「なんにもない部屋の暮らしかた」から、一部の内容を紹介したいと思います😊

 

この本は、2013年12月発行となっています。

 

 

 

「なんにもないリビング」

f:id:theminimaljapanesemom:20210929055747p:plain

ゆるりまいさんのご自宅のリビングには、「なんにもありません」w。

 

大人4人暮らしということもあるかもしれませんが、潔さがすばらしい💛

 

リビングにはモノをおかず、モノは「各自の部屋」に保管。

 

必要なときは、「各自の部屋」から、「必要なものを持ってきて」、用事が終わったら、「各自の部屋へ持って帰る」

 

このようなルールで行動すれば、リビングにはモノがたまらないようです。

 

わが家のリビングには、2号の勉強系グッズがすべてと、3号の工作グッズと制作物が置いてあります。

 

というのも、ダイニングテーブルが、勉強机やクラフトテーブルの代わりになっているので、その近くに置いておくと、便利だからです。

 

気を抜くと、すぐにごっちゃごっちゃになります。

 

「こどものものは、リビングに置かない」というルールにすれば、ちょっとはスッキリするとは思うのですが、

 

まだまだ子どもたちの生活/活動の中心になっているリビング。

 

リビングで子どもたちといろいろと関われるのも、あと数年かなあ、と思っています。

 

ちょっとごちゃごちゃしても、幸せ感を得れる方を選ぼうかなあ、と迷い中です。

 

このリビングから、子ども関係のモノがなくなったら、超スッキリだけれど、なんだか寂しいw

 

とはいえ、おもちゃ類まで置きだすと、キリがないので、おもちゃ類などは、遊んだら、2階の収納に戻す、というルールを作っています。

 

リビングは、日中は、私の部屋ぽくもなっているので、私のモノは一部置いてあるのですが…💦

 

自分用の部屋やスペースがある、夫や1号のものは、日をまたいでは、リビングに置きっぱなしにしないようにしています。

 

参考にしてください。

 

 

「なんにもないクローゼット」

f:id:theminimaljapanesemom:20210929055619p:plain

 

ゆるりまいさんは、いつでも捨てられるものを探しているという「自称、捨て変態」だそうですw

 

ご自宅を改装した際、ありったけの「収納」を作ってください、と業者に頼んだそうですが。

 

収納棚は、スッカスカらしいです。

 

スカスカの収納棚をみると、ときめくそうです。

 

その気持ち、わかりますwww

 

アメリカに住んでいたときは、超ゆったり収納でした。

収納をあけるたびに、その余白、ディスプレイに、うっとり、ときめいていましたw

 

現在は、残念ながら、収納は、キッツキツです。

 

収納に対して、モノが多すぎるのだとは思うのですが💦

 

日本に住んでいても、

 

断捨離の山下ひでこさんのお宅も、ゆるりさんのお宅も、収納棚は、余白が多くて、「博物館のディスプレイ」のようで、素敵です💗

 

「収納」があるからといって、「すべてにモノを詰め込まなくてよい」ということに気がつくと、モノを減らせる速度も早まるのかなあ、なんて、思います。

 

沢山の収納がある家だったとしても、

 

収納場所があるから、なんていって、モノをため込んでいては、

 

いつまでたっても、その不用品に対して「片が付かない」です。

 

自分が、使うのか、使わないのか、

 

自分に必要なのか、必要じゃないのか、

 

という決定/決断を、先延ばしにしているだけです。

 

いつも頭の片隅に気になってしまって、

 

モノにはほこりがかぶってしまったり、

 

あんまりいいこともないのかなあ、

 

なんて、思います。

 

参考にしてください。

 

 

「なんにもない寝室」

f:id:theminimaljapanesemom:20210929055648p:plain

ゆるりまいさんの寝室には、「ベット」しかありません。

 

なんにもない寝室!個人的には理想形です😊

 

部屋には、ベットしかない、ホテルのような空間、すてきです。

 

わが家の主寝室は、半分は夫の書斎スペースになっているので、なんにもなくは、ありません。

 

一方、2号と3号の部屋には、家具が何にもおいてありません。

 

洋服とレゴ類は、クローゼットへ。

 

それ以外は、廊下の収納棚にしまっています。

 

夜は、布団を2組並べて寝るだけ。

 

わたしにとっては、一番癒される、羨ましい、空間です。

 

まとめ

f:id:theminimaljapanesemom:20210929055722p:plain

 

以上、「なんにもない部屋の暮らしかた」を紹介させていただきました。

 

1人暮らしでないのに、ゆるりまいさんの所有するモノの少なさは、すごいと思います。

 

モノが少ないと空間が広くなり、

 

空間はいろんな用途に生まれ変わります。

 

災害時にも被害は最小限に済むし、

 

引っ越しもラクそうだし、

 

大きな家も家具も不要になって、

 

お金も時間も節約できそうです。

 

わが家は、まだまだモノがあふれていますが、

 

せめて、「純粋に自分に属するもの」については、ほんとうにそれらが必要かどうか、検討してみたいな、と思います😊

 

そんな感じです。

 

最後まで、読んでいただき、ありがとうございました!!!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村