minimal-japanese-mom’s blog

元アメリカ駐在妻の40代主婦が、充実したおうち時間/1人時間を過ごすコツを伝えます!

【おすすめ本】わたしの遺書

f:id:theminimaljapanesemom:20210809155725p:plain

こんにちは!

 

今回は、おすすめ本として、

 

「はだしのゲン」の作者、中沢啓治さんの著書、「わたしの遺書」を紹介したいと思います。

 

 

 

8月は、日本人にとって、平和の大切さについて考えるのに、いい時期なのではないかな、と思っています。

 

簡易な日本語で書かれているので、

 

小学校高学年以上でも読みやすい内容になっていると思います。

 

(はだしのゲンの漫画の描写なども入っていますので、各ご家庭の判断でお願いします)

 

 

 

「わたしの遺書」との出会い

f:id:theminimaljapanesemom:20210809154435j:plain

 

この本は、一時帰国中に、広島の平和記念資料館に家族で訪れたときに、

 

資料館内のショップで売られているのを見て、即買いしました。

 

我が家は、アメリカに滞在中で、アメリカ大好きだったのですが、

 

歴史は歴史。

 

ワシントンDCの博物館などで、第二次世界大戦の展示などは見てきましたが、どれも、アメリカサイドからみた歴史です。

 

日本の学校の授業では習わなかったことが、色々と詳しく展示されていて、カルチャーショックを受けたのを思い出します。

 

一方で、

 

子どもたちには、ヒロシマも見せておきたいな、と思っていたので、

 

機会があったので、訪問しました。

 

 

平和記念資料館は、近未来的にリニューアルしていました。

 

 

リニューアルについては、

 

賛否両論あるのかもしれませんが、

 

 

海外から来られた方でも、小学生でも、比較的抵抗なく、展示物を見ることができるのでは、と個人的には思いました。

 

「わたしの遺書」の内容

f:id:theminimaljapanesemom:20210603140131j:plain

 

はだしのゲンの作者の中沢さんが、ご自身の壮絶な人生を振り返る形で、

 

戦争と原爆の記憶は、決して忘れてはいけない、というメッセージを、

 

私たちに伝えてくれている内容になっています。

 

 

 

戦争のこと、原爆のこと、差別のこと、戦後のこと、漫画のこと。

 

 

壮絶な人生を歩まれているけれど、

 

決してあきらめない。

 

 

すべて「怒り」の感情で、やってこられたそうです。

 

 

「負けてたまるか 」という気持ちを奮い起して

 

頑張られてきたそうです。

 

 

参考にしてください。

 

生きるつらさに直面しているとき

f:id:theminimaljapanesemom:20210603140038j:plain

 

中沢さんは、ゲンを、

 

つらいことがあっても、

 

明るく前向きに生きる、

 

強い男の子に

 

 

描いたそうです。

 

中沢さんは、語られます。

 

 

いまも、生きるつらさに直面している方は大勢いると思います。

 

そんな人たちに、ぼくは、歌を歌えと言っています。

 

悲しい、悲しいと思ってばかりいては、落ちこんでしまいます。

 

そんなときゲンは、何が何でも生きるために、バイタリティーのある歌やふざけた替え歌を、わざと大口を開けて、うたいました。

 

みなさんにも、ぜひそうしなさいとぼくは言いたい。

 

「負けてたまるか」という気持ちを奮い起して、生き抜いて欲しいのです。

 

はだしのゲンの父親が語る

 

ふまれても

 

ふまれても

 

たくましい芽を出す

 

麦のようになれ

 

 

というセリフは、実際に中沢さんのお父さんの言葉だそうです。

 

 

ゲンは、ふまれても、ふまれても、たえて、たくましく、まっすぐに、成長していきました。

 

 

 

 

「わたしの遺書」は、以下の言葉でまとめられています。

 

みなさんも、ふまれても、ふまれても、

 

たくましく芽を出す人間になってほしいと思います。

 

大丈夫。

 

人間とことん落ち込むと、

 

まるでそれに反比例するように、

 

「なにくそ」と負けない力がわいてきます。

 

ぼくたちには、きっと、負けない「麦の精神」があるのです。

 

「はだしのゲン」は私の遺書です。

 

 

 

まとめ

f:id:theminimaljapanesemom:20210422160132j:plain

 

 以上、はだしのゲンの作者、中沢啓治さんの「わたしの遺書」を紹介させていただきました。

 

 

マンがの背景なども知ることができ、

 

また、時代が変わっても、忘れてはいけないこと、

 

表面的には平和だけれど、色々と難しい問題があふれかえっている日本社会のこと、

 

でもやっぱり、戦争がない、平和って、大切。

 

ということなど、

 

いろいろと考えさせられました。

 

 

アメリカに住んだおかげで、

 

いろんな国にルーツを持つ友人が増えるにつれ、

 

個人と個人では、こんなに分かり合えるのに、

 

国と国では、いろいろあって、

 

残念だな、

 

と思うこともありました。

 

 

 

子どもたち世代にとっては、なおさらだと思います。

 

 

世界に目を向け、

 

でも、日本のこともよく知り、

 

グローバルな視点を養ってもらいたいな、と思います😊

 

 

最後まで、読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

 【おすすめ本】

 ☆わたしの遺書☆

 

 

 

☆はだしのゲン(全10巻)☆

 

 

電子版漫画でも入手できます💡